OPEN INNOVATION


日本企業の復活無くして、日本の輝かしい未来はあり得ない。

イノベーションの時代における経営には、一方で既存事業を「深化」して収益力、競争力を強固にすることと、イノベーションによる成長機会を「探索」しビジネスとしてものにしていくことの両方が求められます。その「探索」の手段のひとつとして、「オープンイノベーション経営」の必要性が大きく取り上げられています。オープンイノベーション経営とは、製品開発や技術改革、研究開発や組織改革などにおいて、意図的かつ積極的に技術やアイデアなどの資源の流出入を活用し、自前主義からの脱却を目指す経営のことです。
簡単なことのように聞こえますが、日本企業の組織の中には、それを阻むたくさんの課題が潜んでいます。技術者の自社の技術へのプライドと職人気質による自前主義、異分子を排除する文化、日本的なコミュニケーションの問題、そして、日本人そのもののグローバル化の遅れが大きく立ちはだかります。
現在、世の中は、第四次産業革命の真っ只中です。AI、ロボティクス、IoT、5G、動画配信等々すべての産業に大きな波が訪れつつあります。お隣の国、中国は2000年から2020年の20年の間に成し遂げた飛躍的な成長を糧に、「安かろう悪かろう」の時代から、今やイノベーティブな商品・サービスを生み出し、世界のイノベーションをリードしようとしています。200以上のユニコーン企業が生まれ、世界の脅威にすらなってきています。その裾野は広く、日々、多くの素晴らしい技術と人材を有したスタートアップが誕生して、急速に成長しています。
現在、世の中は、第四次産業革命の真っ只中。AI、ロボティクス、IoT、5G、動画配信等々すべての産業に大きな波が訪れつつあります。
お隣の国、中国は2000年から2020年の20年の間に成し遂げた飛躍的な成長を糧に、「安かろう悪かろう」の時代から、今や中国発のイノベーティブな商品・サービスを生み出し、世界のイノベーションをリードしつつあります。200以上のユニコーン企業が生まれ、世界の脅威にすらなってきています。その裾野は広く、日々、多くの素晴らしい技術と人材を有したスタートアップが誕生して、急速に成長しています。
私たちは、日本企業のオープンイノベーションの経営の一つの手段として、中国に数多く生まれている有望なスタートアップを利用することによって、日本企業が再び大きな波に乗れる可能性があると考えます。そうした有望なスタートアップの商品、技術、人材を活用することによって、自前主義より遙かに短い時間で新規事業を創出し、且つ、新しい事業を生み出していくプロセスそのものが日本企業の真のグローバル化を促進させ、日本企業を更に強い組織体に変革することを可能にするでしょう。

コロナ禍で世界経済が大きく変わってしまった今こそ、真のグローバル化とオープンイノベーションの実現・常態化が日本企業に求められているのです。