中国事業に携わっている方カーボンニュートラルに取り組まれている方

中国のカーボンニュートラル調査レポート決定版!

中国3060ダブルカーボンの全貌ー 日本企業が知るべきポイント ー

無料!まずはサンプル版をダウンロード

中国のカーボンニュートラルに向けた取り組みから多くのことが学べます

CO2排出量世界最多の中国は、2030年カーボンピークアウト、2060年カーボンニュートラルの「3060ダブルカーボン」目標を掲げ、
達成に向けて走り出しています。

本レポートは、総ページ数233頁、取り上げた企業数200社以上。

中国政府・企業のカーボンニュートラルへの取り込みの全貌が丸わかり。

中国事業のリスクにもビジネスチャンスにもなり得るこの大きな動きを理解するために、
また、カーボンニュートラルの戦略策定に携わっている方々にとって、
CO2排出量世界最多の中国の取り組みには多くのヒントが隠れています。

具体的なメリットは?Merit

中国事業に携わっている方

  • 中国の中央政府・地方政府のカーボンニュートラルに向けた基本的な政策が理解でき、現地法人の今後の対策のヒントを得られます。
  • 350万台の巨大市場に成長したEV(電気自動車)が如何に成長したのか、その経緯を理解し、他の業界での動きのヒントを掴むことが出来ます。
  • カーボンニュートラルの動きで、今後成長する市場を理解できます。
  • カーボンニュートラルの動きを牽引する有望企業117社の情報が得られます。今後のビジネスチャンスがどこにあるのか、競合他社は誰なのかを理解することが出来ます。

カーボンニュートラルに取り組んでいる方

  • 中国の中央政府・地方政府のカーボンニュートラルに向けた基本的な政策が理解でき、日本の各地域・自治体等での取り組みの計画立案の参考になります。
  • 中国のカーボンニュートラルの動きから今後成長する市場を理解することによって、日本企業の技術が中国の取り組みに貢献できる(ビジネスチャンスとなり得る)領域を探し出すヒントを得られます。
  • 中国のカーボンニュートラルの動きを牽引する有望企業117社の情報が得られます。日本での協業の可能性を探ることも出来ます。

環境問題に国境はありません。

カーボンニュートラルを考えるために、誰しもが知るべき情報が満載です。

是非、ご一読ください。

無料!まずはサンプル版をダウンロード

調査レポートの特長Point

3060ダブルカーボン目標の実現により中国が成し遂げようとしていることが何なのかがわかります

Point13060ダブルカーボン目標の実現により中国が成し遂げようとしていることが何なのかがわかります

2020年9月22日、中国の習近平主席が第75回国連総会にて“中国は2030年よりも前にカーボンピークアウトさせて、2060年よりも前にカーボンニュートラルを実現するよう取り組む”と宣言。2つの目標を合わせて、「3060ダブルカーボン目標宣言」と言われます。

中国は本気なのか、本気だとしたら、なぜ本気なのか?

中国の3060ダブルカーボン目標達成に向けた覚悟とその全貌が分かります。

中央政府、地方政府、各産業での取り組みがわかります

Point2中央政府、地方政府、各産業での取り組みがわかります

中国のカーボンニュートラルへの取り組みは、どのように進められるのか?

世界中がコロナ禍の2021年、中国では3060ダブルカーボンに向けた多くの政策が発効されました。

中国の政策は誰が策定し、どのように進められているのか?

中央政府、地方政府、各産業の取り組みについてのオーバービューが理解できます。

CO2排出と電源ポートフォリオの観点からカーボンニュートラルの実現への戦略の道筋を理解できます

Point3CO2排出と電源ポートフォリオの観点からカーボンニュートラルの実現への戦略の道筋を理解できます

まだカーボンピークアウトさえ達成していない中国のカーボンニュートラルへの取り組みは不可能にも思えます。

そもそも現在のCO2排出量と電源のポートフォリオはどうなっているのか。それをどのようにカーボンニュートラルに向けて変えていくのか。

CO2排出量と電源ポートフォリオの転換の観点から中国の戦略が分かります。

業界別にカーボンニュートラルに向けた動向がわかります

Point4業界別にカーボンニュートラルに向けた動向がわかります

カーボンニュートラルに向けた動きの中で、重要な且つ中心的な役割を担う業界はどこなのか。その業界で今、何が起きているのか。

先行する業界の動きを理解することで次に起きることのヒントが得られます。

本レポートでは、以下の6つの業界のオーバービューが理解できます。

① ⾃動⾞② ⾞載⽤蓄電池③ 定置型蓄電池

④ パワー半導体⑤ ⽔素エネルギー・燃料電池

⑥ CCS(CO2の回収と貯留)とCCUS( CO2分離・貯留と利⽤)

日本企業への提言

Point5日本企業への提言

ロシアのウクライナ侵攻によって、エネルギー問題に更に注目が集まっています。今後ますます、世界中でカーボンニュートラルに向けた取り組みが加速化すると予想されます。

中国の3060ダブルカーボン目標達成への取り組みは何を意味するのかを考えた上で、日本企業の皆様への提言をまとめました。

カーボンニュートラルに向けた動きをどのように捉え、事業に反映するのか。日本企業が次に取るべきアクションへのヒントです。

注目企業リスト117社

ここがスゴい!

Point6注目企業リスト117社

中国のカーボンニュートラルに向けた動きの中で、新しい企業が続々と誕生、急成長してきています。

各産業別に、弊社独自の情報網と中国最大のスタートアップデータベースの『企名片Pro』(※当社の戦略的パートナー企名片科技のデータベース)を駆使して注目企業を厳選

各産業の担い手は企業自身です。注目企業を知ることは、今後のカーボンニュートラルに向けた戦略立案に大いに役立ちます。また、注目企業をパートナー候補と考え、アプローチすることも可能です。

お客様の声Voice

メガバンク中国担当

大変貴重な情報が整然とまとまっており、とても感銘を受けました。

私も中国政府が発出する文書、指導意見や行動計画などをフォローしておりますが、業界別や地方政府別になかなか綺麗にまとめられず、情報の分類の仕方が大変参考になります。

製造業中国事業担当

中国のCO2排出と電源ポートフォリオの現状と将来計画については、今までに整理された情報が見つけられませんでしたが、本レポートに整理されており、非常に分かりやすかったです。

中国のカーボンニュートラルに向けた動きはどうせ不可能だろうと思っていましたが、本レポートを読んで、もしかしたら、達成できてしまうのかもしれないと思い始めました。

大手商社
新規事業担当

昨今の世界の半導体不足でも注目されている半導体ですが、パワー半導体がカーボンニュートラルの達成にとって重要だということが理解できました。

素材メーカー
中国事業担当

中国でEVの市場が急速に拡大していることは新聞等で知っていましたが、政府主導の政策が大きく影響していることを始めて知りました。

他の業界でも中国が本気になると大きく変わっていくのかなと思い始めました。

企業CVC部門担当

中国のスタートアップを投資対象として、有望企業を探索する仕事に関わっています。

これまで、AIやロボティクス等に注目していましたが、今後、カーボンニュートラル関係のスタートアップにももっと注目していきたいと思います。

再生可能エネルギー
関係企業

再生可能エネルギーの鍵は、風力発電と太陽光発電であることは知っていましたが、中国がこの分野でこれほど進んでいることは知りませんでした。

今後の事業展開の参考にしたいです。

無料!まずはサンプル版をダウンロード

調査レポートの内容Contents

目次 ※サンプル版は以下から一部を抜粋

序章 カーボンニュートラルに向けた世界的な動き
第1章 中国の「3060ダブルカーボン⽬標」とは?
第2章 中国の中央政府と地⽅政府の動き
第3章 中国のCO2排出量と電源構成の現状と将来計画
第4章 業界別動向
①⾃動⾞ ②⾞載⽤蓄電池 ③定置型蓄電池 ④パワー半導体 ⑤⽔素エネルギー・燃料電池 ⑥CCS(CO2の回収と貯留)とCCUS( CO2分離・貯留と利⽤)
第5章 ⽇本企業への提⾔
第6章 注⽬企業リスト(117社)
おわりに

有償版レポートのご案内

有償版(総ページ数233頁、PDF形式)。メールまたは弊社HPお問い合わせよりお問い合わせください。

有償版お問い合わせ

お問い合わせフォーム

無料ダウンロードはこちらRequest

    • 入力
    • 確認
    • 完了

    以下の内容でメールを送信します。

    問題がなければ「送信する」ボタンを押してください。

    送信が完了しました。

    TOPに戻る

    必須
    必須
    必須

    プライバシーポリシー」の内容に同意する※ご同意いただけない場合は送信できません。

    PAGETOP