2021年中国の10大ニュース(中国の当社スタッフが選ぶ)

2021年中国の10大ニュース(中国の当社スタッフが選ぶ) 2022.01.11 スタッフエッセイ by 楚云(@上海)

  • facebook
  • twitter

雲南省における野生ゾウの群れの移動

2020年3月、“象の旅行団”は生息地である雲南省西双版納自然保護区を離れて普洱(プーアル)に入り、1年以上に及ぶ北への旅を始めました。2021年4月16日、群れは玉渓に入り、多くのメディアの注目を集めるようになり、6月2日には昆明まで北上しました。8月8日、群れは無事に生息地に戻りました。野生のゾウが人間の生活圏に入り込み、食べたり飲んだりして、作物や家を壊しました。しかし、途中で象はそのかわいい行動で人々に愛されるようになりました。また、政府は大量の人、ドローン、車、食べ物などを使って、群れの移動を誘導しました。象は人気者となり、人と自然の調和というコンセプトを鮮やかに表現していました。これは、中国における生物多様性保全の最新事例として、世界的に注目されました。

袁隆平氏死去

袁隆平氏は2021年5月22日、湖南省長沙市で91歳で亡くなりました。袁氏は、中国におけるハイブリッドライス(※)の研究開発の先駆者であり、世界で初めて米のハイブリッドの利点を利用することに成功した科学者であり、「ハイブリッドライスの父」と呼ばれています。半世紀以上にわたって米の研究に携わり、驚異的な収量と収入の増加を達成し、中国国民の食糧問題を解決し、中国の食糧安全保障、農業科学の発展、世界の食糧供給に多大な貢献をしてきました。袁隆平の死は、中国では多くの国民が追悼の意を表しています。

※ハイブリッドライスとは、2つの非常に異なる親品種から交配されたアジアのイネの一種です。同等の純血種のイネ品種と同じ条件下で栽培すると、最大30%多くの収量を生み出すことができます。

清朗行動~饭圈(ファンサークル)の乱れを正す“~スペシャルアクション

2021年5月、あるネットユーザーがアップロードした「芸能人に牛乳を注ぐ」動画が明るみに出ました。 これは、芸能人のファンがミルクを買い、注ぐことで誘発された真新しい「産業」であり、「ファンサークル・カオス」と呼ばれ、社会で注目を集めました。6月15日、中央インターネット情報局は、「清朗行動ーファングループの乱れを一掃する」という特別措置を全国で展開することを発表しました。 これは、ネット上のファングループのあらゆる活動を対象としており、ファン同士が争いを繰り広げ、双方に罵声を浴びせ、争いを過熱させ、対立を煽り、侮辱、誹謗中傷し、噂を流し、悪意のあるマーケティングなどの有害な活動を行う「ファン・グループ」を包括的に一掃することを目的としています。 また、侮辱や誹謗中傷などの有害情報、偽情報、悪質なマーケティングなどの不正行為を取り締まりました。

三人っ子政策

2021年5月31日、中国は1組の夫婦が3人の子どもを持つことができる「三人っ子政策」を開始しました。三人っ子政策は、中国が高齢化社会に積極的に対応するために実施している家族計画政策です。1980年代に中国で始まった一人っ子政策は、過度な人口増加を効果的に抑制する一方で、高齢化という問題をもたらしました。近年、中国の出生率は年々低下しており、人口増加の鈍化が続いています。2016年には包括的な二人っ子政策が実施されましたが、人々の子供を産む意欲は依然として低いままです。この三人っ子政策の実施に伴い、出産・子育て・教育にかかるコストを削減するための支援策の充実が今後の重要な課題となっています。

神州十二号

「神舟12号 」の有人ミッションは、中国宇宙ステーションの検証・建設段階における最初の有人ミッションです。

2021年6月17日、有人宇宙船「神舟12号」の打ち上げに成功し、3人の宇宙飛行士を宇宙に送り出しました。3人の宇宙飛行士は中国の天宮宇宙ステーションのコアモジュールに入り、これは中国人が自分の宇宙ステーションに入った初めてのことです。3人の宇宙飛行士は3ヶ月間、軌道上で作業と生活をし、定められたすべてのタスクを高いクオリティでこなし、9月17日に東風の着陸場に無事着陸しました。「神舟12号」の有人ミッションは、中国の有人宇宙技術に新たな高みをもたらし、中国が独自に開発した初の宇宙ステーションが全く新しい章を迎えたことを意味しています。

共産党創立100周年

2021年は、中国共産党創立100周年にあたりました。党創立100周年を祝うために、党中央委員会と社会各界は一連の祝賀活動を行ない、党史教育の実施、優秀な党員の表彰、大規模なテーマ別展示会の開催、文化公演の実施、理論セミナーやシンポジウムの開催、多くの文学・芸術作品や出版物の作成・発表などを行いました。特に、党創立記念日である7月1日には、北京の天安門広場で中国共産党創立100周年記念大会が開催され注目を集めました。1世紀の苦難を経て、創設時には50人しかいなかった中国共産党は、今や9,500万人以上の党員を擁する世界最大の政党に発展しました。

東京オリンピックにて、中国チームが優秀な成績を収める

2021年7月23日から8月8日まで開催された東京オリンピックは、多くの中国人がテレビで熱心に観戦しました。中国大陸のスポーツ代表団からは431名の選手が出場し、金メダル38個、銀メダル32個、銅メダル18個の合計88個のメダルを獲得し、メダルランキング2位となりました。女子10mエアライフル決勝で杨倩(Yang Qian)選手が金メダルを獲得し、中国チームとして初の金メダルを獲得しました。中国チームは、卓球や飛び込みなどの伝統的な6つの優勢種目では安定したプレーを見せた一方、陸上競技などの種目では少なからず失望させられました。また、中国人が最も期待していた中国女子バレーボールチームは不調で、メダル獲得には至りませんでした。その際、中国でおなじみの《阳光总在风雨后》(陽光総在風雨後)「陽光はいつも嵐の後にやってくる」という音楽が流れ、多くの中国人の涙を誘いました。

双减政策「二重削減政策」

「二重削減政策」とは、義務教育期間中の学生の宿題や校外研修などの過度な負担を効果的に軽減することを目的とした施策です。学校での宿題の量や時間の規制、学校外教育機関の規制などの「二重削減政策」は、2021年9月1日に正式に実施されました。この「二重削減政策」は、学校外教育機関に大きな影響を与え、多くの機関が閉鎖され、大量の資本が撤退しました。しかし、制度を治すのは簡単だが教育不安を治すのは難しく、この問題については様々な議論がなされています。

電力不足と電力制限

2021年8月下旬以降、中国の20以上の省・市では、「エネルギー消費の二重規制政策」※(環境保護のための秋冬政策などによる電力供給不足のため、強度の異なる電力制限-主に生産用、家庭用電力はほとんど影響なし)を集中的に導入し、一部の企業では生産を停止しました。10月15日、国家発展改革委員会(NDRC)は電力料金改革に関する通知を出し、料金の変動幅を拡大しました。原則として20%を超えることはできませんが、エネルギー消費量の多い企業の料金はこの制限の対象となりません。電気料金の上昇により、企業の生産コストが上昇しています。

※「エネルギー消費の二重規制政策」とは、エネルギー消費の原単位(単位GDPあたりのエネルギー消費量)と総エネルギー消費量の両方をコントロールすることです。“碳达峰”「2030年カーボンピークアウト」と“碳中和”「2060年カーボンニュートラル」という大目標のもと、「エネルギー消費の二重規制」は重要な取り組みです。

新型コロナウイルス(COVID-19)対策

2021年は、中国で新型コロナウイルスワクチンが普及した年になりました。2021年12月10日現在、中国では新型コロナウイルス・ワクチンの累積投与量が約26億回に達しています。ピーク時には1日に2,000万回以上の接種が行われました。11.6億人以上がワクチン接種を完了し、接種率は80%を超えており、集団免疫の確立の基礎を築いています。中国では、流行をコントロールするために“外防输入、内防反弹、动态清零”「外部からの輸入を防ぎ、内部からの反発を防ぎ、動的に排除する」という戦略を採用しており、多くの場所で潜伏期間内に流行をコントロールすることができています。ワクチン接種の速さ、PCR検査の速さ、疫病対策の速さは、中国という国のスピード感を改めて証明しています。

翻訳 by 夏目遥

by 楚云(@上海)

ブログ一覧に戻る

PAGETOP