共同富裕ー中国人の私から

共同富裕ー中国人の私から 2021.11.09 スタッフレポート by 赵琪(@北京)

  • facebook
  • twitter

 「共同富裕」という言葉は、日本人にとっては最近の中国関連のニュースによく登場する新しい言葉かもしれませんが、中国人、特に「新中国で生まれ、紅旗の下で育った」80年代以降の世代にとっては、極めて身近な言葉です。 

 まず、中国の学校には、自然や社会について学び、良い習慣を身につけることを目的とした「道徳と生活」という科目があります。日本ではどのような科目があるのでしょうか?

 中学校では、中国の社会システムについての知識を紹介します。 人間社会全体の発展は、原始社会-奴隷社会-封建社会-資本主義社会-社会主義社会が共存している(現在)。 社会主義を紹介する言葉に “社会主義の本質は、生産力を解放し、それを発展させ、搾取をなくし、偏りをなくし、最終的に共同の繁栄を実現することである。 “というものがあります。 私がこの言葉を初めて見たのは、記憶にある限りでは中学校の教科書でした。

 この言葉が新中国の発展の中でどのように存在してきたかを見てみましょう。

 この概念を最初に提唱したのは毛沢東であり、1953年12月16日には中国共産党中央委員会が「農業生産協同組合の発展に関する中国共産党中央委員会決議」を採択しました。 この表現は、最終的な目標を詳しく説明する際に使われました。 農民に生産組合とは何かを説明する時にもこの言葉が出てきて、この頃から「共同富裕」の概念が広まって行きました。 毛沢東は、中国共産党中央指導部の第一世代の中で、この概念を用いた最初の人物であり、最も人気のある人物でした。 しかし、毛沢東は様々な理由から、人民を率いて「共同富裕」を実現するための良い方法を見つけられず、平等主義に走りすぎて、「吃大锅饭(大鍋のご飯を食べる)」(※)に陥ってしまい、『大躍進』(※)や人民共産党運動のような重大な失敗もしてしまいました。

※ 大锅饭 (dàguōfàn) [名](多くの人に供するために)大きななべで炊いた飯;仕事ぶりや能力に関係なくすべての人の待遇が一律であること。

※大躍進政策( dàyuèjìn、英: Great Leap Forward)とは、中国共産党中央委員会主席毛沢東の指導の下、1958年から1961年までの間、中華人民共和国が施行した農業と工業の大増産政策。

ウィキペディアから引用。(訳者注)

 文化大革命後、鄧小平を中心とする中央指導部の第二世代は、社会主義とは何か、どのようにして社会主義を構築するのかという問題を考えるようになり、最終的には「共同富裕」を社会主義の本質と究極の目標にまで高めました。

 当時、鄧小平は中国の経済発展のための「3段階」の発展戦略を描き、1987年の第13回党大会では、「3段階」の発展戦略を明確かつ体系的に練り上げました。すなわち、第1段階として、1981年から1990年にかけて、GDPを1980年の2倍にすることを目標としました。 第2段階では、1991年から20世紀末までに国民総生産が再び2倍になり、国民の生活は中程度に豊かなレベルに達し、第3段階では、21世紀半ばまでに一人当たりの国民総生産が中程度の先進国のレベルに達し、国民は比較的裕福になり、近代化が基本的に達成されるとしています。 この時、「人々の生活が比較的豊かであること」だけが語られているのは、当時、人々の衣食住の問題を解決することが最も重要であったからです。

 興味深いのは、2020年に至るまで決定的な進展を宣言することが出来なかった「小康社会(適度に豊かな社会)」という概念は、提唱された当時の日本と少し関係があったことです。1979年12月6日、大平正芳首相との会談で、鄧小平は「我々の4つの近代化」と述べました。 この概念は、あなた(日本)のような近代化の概念ではなく、「小康之家(適度に裕福な人の家)」である。また、「小康(適度に裕福)」という概念が初めて導入されたのもこの時です。1984年3月25日、中曽根康弘首相と会談した鄧小平は、「国民総生産を4倍にして一人当たり800ドルにすることが、今世紀末までに中国で「小康社会(適度に豊かな社会)」を築くことだ」と述べました。 このような「小康社会」が中国式近代化です。 GDP4倍、適度に豊かな社会、中国式の近代化、これらはすべて私たちにとって新しい概念です。

 その後、江沢民を中心とした第三世代中央指導部は、社会主義市場経済体制の確立という改革目標を打ち出しました。 市場を含む様々な規制手段を用いて、一部の地域の一部の人々が先ず金持ちになることを奨励し、徐々に「共同富裕」を実現するというものです。

 21世紀に入り、中国の社会主義近代化も新たな段階に入りました。 2003年、胡錦濤氏を総書記とする党中央委員会は、科学的発展観などの重要な戦略的アイデアを打ち出しました。 また、人々の多面的なニーズとその全方位的な発展に焦点を当てた人間中心のアプローチは、「共同富裕」の意味合いを大きく広げました。

 また、「調和のとれた社会主義社会の構築」は、「共同富裕」に新たな意味を与えました。

 2017年の中国共産党第19回全国代表大会の報告で掲げられた目標は、2035年までに“全国民の共同繁栄が確かな一歩を踏み出す”、2050年までに“全国民の「共同富裕」が基本的に達成され、国民がより幸せで快適な生活を享受する”というものです。  最新の第14次5カ年計画で言及されている「共同富裕」も、常に私たちが目指してきた目標でした。

 実際、「礼記・礼運」(※)の中には、「世界の道は公共のものである」という「共同富裕」のビジョンが描かれています。 社会のすべての構成員が豊かで良い生活を送ることは、人類の古来からの願いであり、 中国共産党は現在、絶対的貧困の撲滅を完了し適度に繁栄した社会を築いたことを前提に、この目標を徐々に実現していくことを提案しています。

※ 礼記( Lǐjì)とは、儒教の最も基本的な経典である「経書」の一つで、「周礼」「儀礼」と合わせて「三礼」と称される。

ウィキペディアから引用。(訳者注)

 また、「共同富裕」とは、単純な平等主義や、いわゆる「金持ちから奪って貧乏人を助ける」ということではなく、物質的にも精神的にも豊かな生活を手に入れることができることを意味しています。 1979年から2020年までの約半世紀をかけて「小康社会(適度な豊かさ)」を実現したように、「共同富裕」を実現するためには、一歩一歩の努力が必要です。

翻訳 by 夏目遥

by 赵琪(@北京)

ブログ一覧に戻る

PAGETOP